南砺の病院家庭医が勉強記録を始めました。

富山県にある総合病院で働く病院家庭医です。勉強の記録を少しずつ書いていきます。

日本の高齢者の孤独、家族関係、そして死亡率:個人の生活様式は違いを生むか?

Japanese older adults’ loneliness, family relationships and mortality: Does one's living arrangement make a difference?

日本老年医学会雑誌 2019年12月4日

 

前日のサルコペニア嚥下障害のレビューを出すまではシーンとしていた当ブログですが

f:id:MOura:20191207235210p:plain

見事にバズらせていただいたおかげで、多くの方にサルコペニア嚥下障害の最新レビューを見ていただいたことと思います。

 

その勢いをすぐ台無しにしてしまうかもしれませんが…

個人的に面白い研究を見つけてしまったので紹介させてください。

 

Japanese older adults’ loneliness, family relationships and mortality: Does one's living arrangement make a difference?

日本の高齢者の孤独と家族関係と死亡率についての研究です。

高齢者の家族関係と死亡率に相関はあるのか?

なんとなく、ありそうですよね。

実際のところどうなのか、気になってきますよね。

 

ではさっそく読んでいきます。

 

要約

目的
高齢者の家族関係の関係性を調べます。一人暮らし、配偶者と2人暮らし、大人の子供と同居しているなどの家庭の状況で全死因死亡率がどのように異なるかを検証します。

 

方法
高齢者の各グループの家族関係の尺度を用いて、全死因死亡に関する離散時間イベント履歴分析を実施しました。この研究では、11225人の日本大学の日本老化に関する縦断的研究から得られた人の波のデータを分析し、555人の死亡の間に断続的なエピソードが報告されました。

 

結果
家族関係の測定は、子供と一緒に住んでいた高齢者のみの死亡率と有意に関連していた子どもへの支援の提供をしている場合は死亡率と負の関連性があったが、子どもたちからの支援を受けることは死亡率と積極的に関連していた。孤独感は、世代間の共生配置の高齢者の死亡率の上昇と関連していたが、他の生活形態の高齢者の死亡率とは関連していなかった。

 

結論
高齢者と成人の子供との間のサポート交換の範囲は、両親と子供が一緒に住んでいる家庭の文脈の中でのみ高齢者の死亡率と関連する傾向がある。他の種類の生活の取り決め(すなわち、一人暮らしと配偶者のみとの生活)では、家族関係の測定と死亡率との関連は限られています。

 

前書き

 社会的関係は人間の健康の重要な決定要因として報告されています。それは他の有名な喫煙などのリスク要因とほぼ同等です。最近のメタ分析148件の調査によると、全体として、比較的強い社会的関係は高齢者の死亡率を著しく低下させる傾向があります。さまざまなタイプの社会的関係の中で、家族関係は高齢者の健康にとって特に重要です。なぜなら、これらは最も重要なサポートを提供する傾向があるからです。

 一般的に、高齢者の間では、社会的関係が少ないことは死亡率の上昇に関連しており、サポートを受けることはより高い死亡率となり(ただし、2つの間に因果関係はないと記載されていますが)サポートの提供により死亡率の低下に関連する傾向があります。さらに、社会的関係が受けた質は、健康を決定する役割ことにおいて重要な役割を果たすようです。社会的関係の質の尺度の1つは孤独です。それは知覚された社会的関係の欠陥に由来する苦痛の感覚です。死亡率の重要な危険因子としての研究によると、孤独については多くの人々によって報告されています

 主に社会的関係から成る生活の取り決めで、一連の文化的規範を共有する家族メンバーとの関係は重要な世帯のコンテキストを表し、数量と機能を含む関係を制限を促進します。いくつかの調査結果は、高齢者の一人暮らしは高い死亡率と関連しています。同様に、子供との生活はより低い死亡率とより高い死亡率の両方でリンクされています。過去の調査結果の矛盾は、高齢者の生活が彼らの健康に関連する傾向があります。しかし2つの間の関連の性質は完全には理解されておらず、さらに、さまざまなタイプの生活環境の高齢者はさまざまなパターンの世代間家族のネットワークとサポートが期待されます。これは、家族関係が死亡率に影響を及ぼす方法は高齢者の生活の取り方によって異なります。

 高齢者の世帯の状況は大きく異なる場合があります。配偶者と一緒に住んでいるかどうかによって最も重要な社会的関係が変わり、成人した子供との高齢者に最もソーシャルサポートを提供する可能性があります。別の特徴的な生活の配置は、一人暮らしです。配置は自分の外に住んでいる人に完全に依存している家族関係のユニークなダイナミクスを提示します。

 家族関係と死亡率の間の関係がさまざまな研究によって調査されてきましたが、二人のつながりは生活によってどのように変わるかなど限られた研究しかありません。さまざまなタイプの生活の取り決めが障害をもたらすため明確な関係のダイナミクス、全体的な数と家族関係の機能は、各タイプの世帯コンテキストとは異なり死亡率に影響を与える可能性がありま

 日本は、他の東洋と同様の社会文化的背景を持っています。アジア諸国、親孝行の伝統的な文化的規範であり、高齢者の世代間家族関係に影響を与えます。親孝行の文化的慣行は同等であり、比較的大きな割合で日本の高齢者(65歳以上)は成人の子供と同居していますただし、2000年から2009年の間、この割合49.1%から43.2%に減少し、高齢者の割合配偶者のみとの生活は33.1%から36.9%に増加しました。同じ期間で一人暮らしの高齢者も14.1%から16.0%に増加しました。

 本研究の目的は、家族関係の測定と全死亡率の関連をどのように測定できるかを探ることです。これは3種類の生活形態(配偶者のみ、子供と一緒に暮らし、一人暮らし)で異なります。

 

方法

データとサンプル

私たちは、日本大学の縦断的な老化の研究のデータを分析しました。対面で収集されたコミュニティの全国のサンプルからのインタビューです。日本での65歳以上の成人、多段階層を使用しました。十分なサンプルサイズを維持するには高齢者グループでは、75歳以上の人々が多くサンプリングされました。1999年の4997人の回答者からの最初のデータ収集以来(回答率74.6%、90%が自己申告)、長期的に追跡された2001年、2003年、2006年、2009年の4つの時点で長期的にフォローされました。調査はまた、2001年に65歳と66歳の631人の新規参加者を追加し、2003年には572人の新規参加者を追加しました。

 本研究では、最初に4セットの時間を作成しました。2つの連続する波の間隔、つまり波1~波2(1999〜2001)、波2〜波3(2001〜2003)、波3〜波4(2003–2006)および波4から波5(2006–2009)。それから分析のためにこれらの間隔データをプールしました。プールされたデータセットで、連続して2回は参加した人のみが含まれました。単一の波にのみ参加した人を除外しました。11225の縦断エピソードが含まれ、間隔の終わりに555人の死亡が報告されました。

 

変数

全死亡率の変数は、間隔の終わりに評価された回答者の生存状態としました。参加者が次のサーベイに戻らない場合に、彼/彼女の死によるものとして記録されました。死亡の場合は故人としてコード化されました。生存に基づいて各間隔の終わりに記録された状態、それから経過した年数に基づいた生存期間、調査期間全体の始まりを記録しました。高齢者の世代間の家族関係を評価するには、世代間の家族関係の構造的、関連的、機能的な側面を含めました構造用次元は、生物学的、養子および/または実の子供が少なくとも一人いて親と同じ都市にいるか関連的次元は世代間の家族関係に基づいて評価され、高齢の親と別々に住んでいる成人の子供の間でどのぐらい2種類の接触(対面および電話)の頻度があるかを8ポイントで評価されました(規模は1 が連絡なし、8 がほぼ毎日です)。私たちの分析には、接触頻度の平均値が回答者によって報告されました。機能的次元は高齢者から受けたソーシャルサポートの量、または彼らの子供たちから与えられたものです。これは高齢者によって評価されました。子どもからの支援、および/または各子どもへの支援の提供サポート、食料/食事の支援、家事などの家事の支援ドライクリーニング、輸送/移動、交際、買い物や用事、トラブルに関する相談/アドバイス、その他、孫の世話)です。分析では、高齢の親が報告したサポート項目の総数を分類するいずれかから受け取ったか(範囲0〜8)または提供したか(範囲0〜9)の2つの変数を使用しました。。高齢者の人間関係の質、孤独の測定は次のいずれかの項目(CES-Dスケールのショートバージョン)に対する高齢の参加者の応答に基づいて評価されました。この項目を使用して、参加者が孤独を感じているかどうかを示すバイナリ変数を食べました。変数は過去1週間に時々またはより頻繁に(= 1)またはまれに(= 0)になります。また、二分変数を含めて、回答者は、近隣の協会との提携を報告しました、団体、高齢者グループ、教育、スポーツ、または個人的な趣味グループ、ボランティアグループ、宗教団体、および/またはその他。この変数は、高齢者の指標として使用されました世帯外の他の社会的関係への接続。分析で考慮されるその他の人口統計学的変数年齢(年)、性別(1 =女性、0 =男性)、年上の親の学歴(1 =高校卒業または高等教育; 0 =その他)、回答者が稼いだ収入のレベル(および配偶者(生きている場合)、範囲は1 = <¥5 000 000(概算5,000米ドル)から13 = 1500万円(約$ 150 000)、および自己申告による農村居住(1 =農村に住んでいる)エリア、0 =その他)。高齢の回答者の健康状態は、7つの日常生活活動(ADL)と6つの活動に関するIADL。本研究では、回答者の全体的な身体的状態を示す順序変数機能の4ポイントを作成しました(0 = ADL / instrumental ADLで3 =困難なし7つ以上のADL / instrumental ADLを持つ)。私達も参加者の全体的な健康状態の主観的な評価を含めました(1 =非常に健康的〜5 =非常に不健康)および高齢者かどうか間隔の始めに喫煙しました(1 =はい、0 =その他)。予備分析では、家計収入が質問の欠落エントリの数が最も多かった(21.4%)一方、他の研究変数の欠損値は一般に8%未満でした。

 

統計分析

私たちの分析では、高齢者との関連を調べようとしました。大人の世代間の家族関係とすべての原因の致命的な高齢の親の3つのサブグループの関係は(i)一緒に住んでいた人配偶者のみ。(ii)子供と一緒に住んでいた人。そして(iii)一人暮らしの人でした。最初の分析では違いを比較しました3つのタイプの生活の取り決めの中で、連続変数のt検定を使用した平均値、およびχとのション2カテゴリ変数のための検定。2番目のセット分析では、離散時間イベント履歴分析を個別に実行しました。年上の親の各グループと結果を比較しました。

 

結果

サンプル特性

表1は、社会人口統計の記述統計を示しています。グループの違いの重要性を調べるために、配偶者のみと一緒に住んでいた高齢者が照会先として使用されました。比較では、一人暮らしの高齢者が年をとる傾向があり、女性である可能性が高く、世帯収入が最も少なかった。対照的に、住んでいた高齢者子供がいると収入が低くなりがちでした農村部での居住を報告する。全体的に、一緒に住んでいた高齢者配偶者のみが健康状態を他の2つのタイプのリビングアレンジメントの人々と一緒報告する傾向がありました

f:id:MOura:20191211025442p:plain

表1人口統計学的変数の記述統計:3つの居住形態の比較

 

表2に家族関係の記述統計を示します。3種類の生活配置に対する措置。高齢者子供と一緒に住んでいた人は、比較的多数の子供がいました。これらの高齢者は、子どもとの接触頻度が少なかったが、他の2人と比較して、それらとは別に住んでいる高齢者のグループで、彼らははるかに子どもたちへの支援の量が多かったです。住んでいた高齢者向け単独で、子どもたちから受けた支援の量は比較的大きかったです。コミュニティメンバーを持つ高齢者の割合-船は3種類の居住形態の間で違いはありませんでした。

 

f:id:MOura:20191211025606p:plain

 

表2社会的関係の記述統計:3つの居住形態の比較

 

家族関係の指標と生活による死亡率取り決め

表3は、離散時間イベント履歴の結果を示しています。家族関係の相関関係を調べる縦方向の間隔の開始時とすべての原因で確実間隔の終わりに評価された死亡率です。

f:id:MOura:20191211025705p:plain

表3離散時間イベント履歴分析:3つの居住形態によるハザード比の比較

 

これらの統計モデルは最初にサンプルグループ全体に対して実行され、次に個別に実行されました。家族関係変数はいずれも統計的ではなかったがすべてのサンプルグループの死亡率に総合的に関連する場合個別に検討すると、いくつかの家族関係変数が死亡率と有意に関連しています。住んでいた高齢者向け子供と一緒に、間隔の初めに孤独を感じ、子供からの支援を受けることは、両方ともより高い死亡率(HR 1.39、P <0.05およびHR 1.07、P <0.05、それぞれ)。対照的に、子供たちへの支援の提供は死亡率の低下に関連しています(HR 0.88、P <0.01)高齢者向け他の2種類の生活形態の成人、家族関係交際措置は死亡率と有意に関連していなかったミュニティ組織のメンバーであることは、高齢者の3つのグループすべての死亡率の低下に関連:すなわち、配偶者のみと住んでいた人(HR 0.71、P <0.05)、子供と一緒に住んでいた人(HR 0.77、P <0.05)および一人暮らしでした(HR 0.58、P <0.05)

 

 

討論

現在の研究結果を解釈するとき、日本の独自の社会的背景を考慮に入れることは重要です。日本では、親孝行の規範は、成人の子どもが年上の両親の世話をします。現在の調査結果で大人の子供と一緒に住んでいた高齢者が実際、成人とのより広範な支援の交換を報告する子供の存在が分かりました。対照的に、子供と一緒に住んでいない高齢者(つまり、配偶者のみと一緒に住んでいた、または一人で住んでいた)大人の子供とのサポートの微妙な交換でした。これは、日本の世代間の家族支援は、成人の子供との共存、および生きている成人子供とは別に、より限定的な機会があるかもしれません。彼らとサポートを交換します。

 離散時間イベント履歴分析の現在の結果、世代間の尺度間の関連性を示す家族関係と高齢者の死亡率は彼らの生活の取り決めの一部に依存します。特に、サポートの量共存する子供たちと交換した高齢者は重要で、死亡率とは関係ありません。支援することはもっともらしい他の人は高齢者の幸福に潜在的な利益があります。特に世代間の共生の文脈では家庭内での相互の役割と貢献は共存する子どもたちからの支援を受けながら、重要である親の弱さやケアの必要性のバロメーターになります。

 高齢者の孤独感も子供と一緒に住んでいる高齢者の死亡率に重要でした。現在の子供と一緒に住んでいる高齢者の間では特にこれらの高齢者の死亡率に対する負の影響結果は、関係に欠けていると感じられることを示しました。この内の家族関係の質の低さに起因する可能性があります。家庭、そしてその結果としての健康への悪影響、高齢者や子どものいるという事実にもかかわらず、日本における共生の取り決めは、文化的に老親の尊重とケアの派生規範。老齢、性別(すなわち男性)などのよく知られた危険因子に加えて劣悪な健康状態、注目すべき共通要因3種類すべての生活形態の高齢者でした。コミュニティメンバーシップの存在高齢者の社会的関与の肯定的な利益を得る心身の健康です。

 本研究には、将来の研究の利益のため、まず、世代間家族関係の性質には私たちのデータには直接的な測定値が含まれていないため、家族関係の知覚品質に関して、重要なのは高齢者の心理的幸福の危険因子および死亡について私たちは完全に調べることができませんでした。さらに、私たちのソーシャルサポートの尺度は家族以外のメンバーのネットワークを評価できるようにします。高齢者の重要な支援源として機能します。未来の研究では、家族のAPGARなどの他の測定値を考慮する必要があります。これらの制限のいくつかに対処します。

 これらの制限にもかかわらず、本研究ではもっともらしい測定値と測定値の間の関連という仮説に対する経験的支持と世代間の家族関係と死亡率の確実性はさまざまです。生活の取り決めによって。この調査の結果は、世代間の家族関係の機能と感情の孤独は特に大人の子供と一緒に暮らす高齢者の幸福にとって重要です。これは、孤独は特に成人の子供と一緒に住む大人では、健康不良のリスク要因を考慮すべきであることを指示しています。

 

まとめ

日本の高齢者の孤独と家族関係と死亡率についての研究です。

高齢者の家族関係と死亡率に相関はあるのか?

・高齢者+その子(親の介護中)の同居の組み合わせは死亡率を上げます。

・逆に高齢者の親をお世話している子供の組み合わせは死亡率が下がります。

・孤独あるいは子供と別居しての生活では死亡率は上がらない。

正直意外な結果でした。

もうちょっとじっくり読んでみます。