南砺の病院家庭医が勉強記録を始めました。An archive of medical articles summarized by a family physician from Nanto Municipal Hospital.

An archive of medical articles summarized by a family physician from Nanto Municipal Hospital.富山県にある総合病院で働く病院家庭医です。勉強の記録を少しずつ書いていきます。

Multimorbidity患者に対する栄養サポートに関するESPENガイドライン

ESPEN guidelines on nutritional support for polymorbid internal medicine patientsFilomena GomesPublished:July 24, 2017 DOI:https://doi.org/10.1016/j.clnu.2017.06.025 Multimorbidityにはガイドラインがあまりないと言われています。 しかしESPEN…

総合診療のマルモ視点で気候変動を眺めてみると二郎系ラーメンを食べながら環境を考えることができます(ジェネラリスト教育コンソーシアムで発表しました)

本日はジェネラリスト教育コンソーシアムという会があり,気候変動についてお話させていただきました。以前から参加の話があったりなかったりして,こうやって参加することができて大変嬉しいです。 ジェネラリスト教育コンソーシアムとは ジェネラリスト教…

群馬家庭医療セミナーでマルモの講演をしました

今日は群馬家庭医療学センターの主催する群馬家庭医療セミナーにお邪魔しています。 群馬家庭医療学センターは 群馬県民医連の医師研修センターの家庭医療専門研修プログラム群で 医師研修センター - 群馬県民主医療機関連合会 2011年の群馬家庭医療学センタ…

あいまいぴー×マルモカンファレンス第2弾 in 北陸大学に参加しています

あいまいぴー×マルモカンファレンス第2弾 in 北陸大学 勉強会開始後にブログ書いています。 これは,2/23にお邪魔させていただいた多職種連携勉強会の第2弾になります。 マルモのアプローチには多職種連携のエビデンスが出始めています。 言い換えると多職種…

マルチモビディティおよびポリファーマシー患者の管理に関するイタリアのガイドライン

Italian guidelines on management of persons with multimorbidity and polypharmacy PMID: 35249211 doi: 10.1007/s40520-022-02094-z. Aging Clin Exp Res. 2022 Mar 6. イタリアからマルチモビディティとポリファーマシーの管理ガイドラインが発表され…

【活動報告】学生・実務者・教育者がともに学び合う「マルチモビデティまいぴー」(2022.2.23)に参加しました

今日は多職種向けマルチモビディティカンファレンスの進化版を経験できました。 そもそも今月の週医学界新聞で マルモに対して多職種介入研究をした混合型RCTを紹介しました。 マルモの介入効果に混合型RCTが有効かもしれないという結論で紹介したこともあり…

アジアにおけるマルチモビディティパターンに関するシステマティックレビュー

A Systematic Review of the Patterns of Associative Multimorbidity in Asia Shawn S. Rajoo, Zhi Jie Wee, Poay Sian Sabrina Lee, Fang Yan Wong, and Eng Sing Lee Biomed Res Int. 2021; 2021: 6621785. PMID: 34327233 マルモパターン研究をまとめた…

三重総診Presents 総合診療虎の穴で講演させていただきました(ほか,三重総診と谷崎先生の本の宣伝)

三重総診Presents 総合診療虎の穴で講演させていただきました 講演報告ばかりでなくちゃんとした勉強記録を書かねばならないのですが,今回も講演報告です。 三重大学総合診療部による初期研修医向けのマルモセミナーをさせていただけました。 三重大学とい…

橋本市民病院で気候変動のレクチャーをさせていただきました。

橋本市民病院で気候変動のレクチャーをさせていただきました。 ついにこういう話が来てしまいました。 深堀り学習をしていただけだったのですが 橋本市民病院の橋本忠幸先生のお誘いで,院内の医療安全講習会の講師をさせていただけました。医療安全と医療廃…

第32回 日本緩和医療学会教育セミナーで講演させていただきました。

第32回 日本緩和医療学会教育セミナーで講演させていただきました。 当直明けですが,日本緩和医療学会教育セミナーに参加しています。 歴史ある学会の招待講演の機会をいただき,恐縮しています。 ライブ参加だけでも800名もの人数で,オンデマンド参加もあ…

第27回総合診療セミナーin御茶ノ水「ケースで学ぶマルチモビディティ」で講演しました

第27回総合診療セミナーin御茶の水「ケースで学ぶマルチモビディティ」で講演しました 正確には今から講演するのですが,いつもの資料の共有です。 東京医科歯科大学総合診療科による事業である 総合診療セミナーin御茶の水にお招きいただけました。…

Multimorbidityと研修医教育

— COMMENTARIES — Multimorbidity and Resident Education Karen B. Mitchell, MD | Stacy Bartell, MD Fam Med. 2021;53(7):531-534. DOI: 10.22454/FamMed.2021.106319 新年一発目のブログは、STFM Journalを研修医と当直中に読むという相変わらず意味が分…

2021年ふりかえり

2021年ふりかえり 2020年にもおなじように振り返りをしているようなので,今年もやってみます。 あくまで自分の業績まとめなので,読ませる文章ではないことをご了承ください。 まずは連載 2020年4月から始まった連載ですが,あと3回で終了です。 連載が終了…

気候変動に対して医療者は何ができるのか(深堀り学習シリーズ)

気候変動に対して医療者は何ができるのか(深堀り学習シリーズ) タイトルは今までのブログにはなかったテーマです。 南砺の病院家庭医がマルモと講演以外のことを書くのはかなり久しぶりです。 話はこのTwitterから始まります。 全診療科医師を対象に院内レ…

ヘルスケアにおけるAIとビッグデータ:Multimorbidityのより包括的な研究フレームワークに向けて

AI and Big Data in Healthcare: Towards a More Comprehensive Research Framework for Multimorbidity J Clin Med. 2021 Feb; 10(4): 766. Published online 2021 Feb 14. doi: 10.3390/jcm10040766 Ljiljana Trtica Majnarić,František Babič, Shane O’Su…