南砺の病院家庭医が勉強記録を始めました。An archive of medical articles summarized by a family physician from Nanto Municipal Hospital.

An archive of medical articles summarized by a family physician from Nanto Municipal Hospital.富山県にある総合病院で働く病院家庭医です。勉強の記録を少しずつ書いていきます。

Multimorbidityに対する患者中心の学際的ケアの拡張:実用的な混合法ランダム化比較試験

Scaling Up Patient-Centered Interdisciplinary Care for Multimorbidity: A Pragmatic Mixed-Methods Randomized Controlled Trial Martin Fortin, Moira Stewart, Patrice Ngangue, José Almirall, Mathieu Bélanger, Judith Belle Brown, Martine Coutur…

PaCTi「Multimorbidityにおける緩和ケア」で講演しました。

PaCTi「Multimorbidityにおける緩和ケア」 2021年3月26日(水)21時00分〜22時00分 で講演することになりました。 聞くところによると参加人数も3桁で,緩和ケアに関わる多職種と思っていたら,緩和ケアで有名な大学教授など大御所も参加されているとか。プ…

マルモレクチャー資料公開

マルモレクチャー資料公開 日本プライマリ・ケア連合学会 専攻医部会 総合診療Web講演会Vol.13 2021年3月24日(水)21時00分〜22時00分 で使用する講義資料を公開してみます。 かれこれマルモ関連のレクチャーは5,6回していますが,新しい講演の度に新ネタを…

高齢者の個別ケアプランにおける行動変容の技術:システマティックレビュー

Behaviour change techniques in personalized care planning for older people: a systematic review Br J Gen Pract. 2021 Feb; 71(703): e121–e127.Published online 2021 Jan 26. doi: 10.3399/bjgp20X714017 PMCID: PMC7846352PMID: 33495201 高齢者の…

【献本御礼】セイントとチョプラの内科診療ガイド

【献本御礼】セイントとチョプラの内科診療ガイド こんなツイートが,年末に流れてきました。 年末年始【フォロー&RTで、新刊2点各2名様にプレゼント!】〇セイントとチョプラの内科診療ガイド 第3版https://t.co/5QD1hpucAy〇感染症プラチナ流コンサルトht…

高齢者におけるMultimorbidity patternとmemory trajectories:英国の老年医学の縦断的研究からのエビデンス

ACCEPTED MANUSCRIPT Multimorbidity patterns and memory trajectories in older adults: Evidence from the English Longitudinal Study of Ageing Rebecca Bendayan, Ph.D, Yajing Zhu, Ph.D, A D Federman, Ph.D, R J B Dobson, Ph.D The Journals of Ge…

プライマリケアおよび地域でのMultimorbidity患者の転帰を改善するための介入

Cochrane Database of Systematic Reviews Interventions for improving outcomes in patients with multimorbidity in primary care and community settings Susan M Smith Emma Wallace Tom O'Dowd Martin Fortin Authors' declarations of interest Versi…

4つの一般的な筋骨格系の愁訴のための在宅運動

At-home exercises for 4 common musculoskeletal complaints J Fam Pract . 2020 Dec;69(10):484-492. PMID: 33348343 外来やっていると,さまざまな筋骨格系の痛みの相談をされます。 今回はちょうどいい総説がありましたので紹介します。 家庭医療の論文…

連続性を越えたPatient Journeyのマッピング:ある患者の経験から得られた教訓

Mapping the Patient Journey Across the Continuum: Lessons Learned From One Patient’s Experience Melanie A Meyer, PhD. J Patient Exp. 2019 Jun; 6(2): 103–107. [PMID: 31218254] Patient Journeyという言葉をご存知でしょうか? これは患者の受療行…

P4 Medicine か O4 Medicineか,ヒポクラテスはかく語りき

P4 Medicine or O4 Medicine? Hippocrates Provides the Answer The Journal of Applied Laboratory Medicine, Volume 4, Issue 1, 1 July 2019, Pages 108–119, https://doi.org/10.1373/jalm.2018.028613 最近,私の勉強の軸になっていることの一つに P4 M…

高齢化と医療サービスにおける課題をふりかえる

Population Aging and Health Care Services: What Governments Should Do Archives of Gerontology and Geriatrics, 2021-01-01, Volume 92 あけましておめでとうございます。 新年の最初はちゃんとした論文を紹介しなければいかないと思いつつ,去年のオズ…

2020年ふりかえり

2020年を振り返る 業績中心に振り返ります。 今年は沢山何かを書いていたのですが,まとめているとそれほどでもありませんでした。おそらく,後半から沢山依頼があったので,来年はもっと増えるのではないかと思います。 まずは,連載。 医学書院の「ケース…

【出版報告】南山堂『終末期の肺炎』が出版されました。

【出版報告】南山堂 終末期の肺炎 おそらく,私の飯テロのような宣伝を沢山お目にしたことでしょう。 その表紙はさながらdancyuのような医学書です。 左下に寿司の写真出ていますが,センスの良さでは負けていないと思います。 あとは南山堂のnoteで『寿司』…

がん患者およびMultimorbidityに対する薬物療法の最適化:Deprescribingのケース

Optimising Medications for Patients With Cancer and Multimorbidity: The Case for Deprescribing Clin Oncol. 2020 Sep;32(9):609-617. PMID: 32563549 DOI: 10.1016 / j.clon.2020.05.015 最近,週刊医学界新聞のことをブログに紹介していませんでし…

【総合診療レクチャー】救急神経疾患のみかた 廣瀬源二郎先生の講演

【総合診療レクチャー】救急神経疾患のみかた 廣瀬源二郎先生の講演 南砺市民病院は毎月1名ペースで院内のスペシャリストによるレクチャーや外部講師を招いてのレクチャーをしています。 若手医師からベテラン医師,そして今回は県内の研修医などもZoomで10…

プライマリーケアにおける集学的連携:システマティックレビュー コラボレーションパターンについて

Multidisciplinary collaboration in primary care: a systematic review プライマリーケアにおける集学的連携:システマティックレビュー Cecilia Saint-Pierre, Valeria Herskovic, Marcos SepúlvedaFamily Practice, Volume 35, Issue 2, April 2018, Pag…

プライマリーケアにおける集学的連携:システマティックレビュー コラボレーションパターンについて

Multidisciplinary collaboration in primary care: a systematic review プライマリーケアにおける集学的連携:システマティックレビュー Cecilia Saint-Pierre, Valeria Herskovic, Marcos SepúlvedaFamily Practice, Volume 35, Issue 2, April 2018, Pag…

近未来の医療専門職像を俯瞰し,プロフェッショナルとして何ができるか。

近未来の医療専門職像を俯瞰し,プロフェッショナルとして何ができるか。 今回は論文紹介ではありません。 栃木群馬合同ポートフォリオ勉強会にゲスト講師として招かれました。 ポートフォリオをご存じない方はキャリア理論についてまとめたこのブログをご覧…

【自己研鑽】生物心理社会モデルの興亡ーナシア・ガミーの論文を読んでBPSモデルを批判的に考察する。

【自己研鑽】生物心理社会モデルの興亡ーナシア・ガミーの論文を読む The rise and fall of the biopsychosocial model Br J Psychiatry. 2009 Jul;195(1):3-4. S Nassir Ghaemi PMID: 19567886 毎月行われる富山の家庭医が集まる勉強会で,こんな話題があっ…

【McWhinnyの古典】診断を超えて 行動科学と臨床医学の融合へのアプローチ MCWHINNEY, I. R. 1972. Beyond Diagnosis. New England Journal of Medicine, 287, 384-387.

【古典】診断を超えて 行動科学と臨床医学の融合へのアプローチ MCWHINNEY, I. R. 1972. Beyond Diagnosis. New England Journal of Medicine, 287, 384-387. いつも家庭医療学をFacebookを通じて教えていただいている加藤光樹先生の投稿にこんな記事があり…

【看仏連携】医療者と僧侶が協働した全世代地域共生社会 〜地域包括ケアにおける医療と宗教の連携の可能性〜

【看仏連携】医療者と僧侶が協働した全世代地域共生社会 〜地域包括ケアにおける医療と宗教の連携の可能性〜 (注意)私は仏教はおろか宗教全般に詳しくありません。むしろまったく宗教に興味がないぐらいです。患者に役立つかもしれないから取り入れている…

【献本御礼】多疾患併存患者を臓器横断的にみる!外来・病棟でのマルチモビディティ診療

【献本御礼】多疾患併存患者を臓器横断的にみる!外来・病棟でのマルチモビディティ診療 天理よろづ相談所病院の石丸裕康先生より,素晴らしい本をいただきました。 多疾患併存患者を臓器横断的に診る! 外来・病棟でのマルチモビディティ診療 | 石丸 裕康, …

(総説)Multimorbidityを有する高齢者の老年医学的管理

REVIEW ARTICLE EPIDEMIOLOGY, CLINICAL PRACTICE AND HEALTH Geriatric management of older patients with multimorbidity Multimorbidityを有する高齢者の老年医学的管理 10/25 現在 プレプリントなので超最新の論文です。 日本老年医学会から老年医学の…

【生涯学習】鬼滅の刃を家庭医療に活かす

鬼滅の刃を家庭医療に活かす こういう出落ち感満載なタイトルで書くのは久しぶりです。 このブログは2019年のクリスマスのお戯れでしたが 何故か定期的に【陰嚢 痛い】とかで検索されているので,このページにたどり着いた陰嚢が痛い方のなにかお役に立って…

【生涯学習】小児頭部外傷アップデート PECARN,CATCH,およびCHALICEの有用性。日本でもPECARNは使えるのか。

【生涯学習】小児頭部外傷アップデート PECARN,CATCH,およびCHALICEの有用性 日本でもPECARNは使えるのか とある救急当直で,研修医の先生から小児の頭部外傷にCTを撮るかどうかは悩ましいという話題がありました。 私の中ではLancet 2009の論文が初期研修…

【生涯学習】Evidence Alertsの紹介(と思ったら後半はブログ紹介みたいになっている回)

最近,Twitterからのお問い合わせで 「どうやって文献収集しているのか?」 「家庭医療以外の論文を読む暇はありますか?」 というご質問をいただきます。 以前からご紹介していたかもしれませんが 生涯学習に役立つツールとして Evidence Alertsをご紹介い…

疾患数を超えたMultimorbidityの測定:コミュニティ研究および集団研究のシステマティックレビューと指標選択の手引き

Measuring multimorbidity beyond counting diseases: systematic review of community and population studies and guide to index choice Lucy E Stirland. BMJ. 2020; 368: Published online 2020 Feb 18. doi: 10.1136/bmj.m160 PMID:32071114 ちょっと…

フレイル,マルチシステム,老化症候群の有用な診断ツールは作れるか

Frailty, a multisystem ageing syndrome Age Ageing . 2020 Aug 24;49(5):758-763. [PMID: 32542377] 老化に関する論文で興味深いものを見つけました。 (いきなり余談) AgeingはAgingのスペルミスではないかと思っていましたが,どうやらアメリカ英語では…

アジア11地域からの心不全患者におけるMultimorbidity。ASIAN-HFレジストリーを用いた前向きコホート研究

Multimorbidity in patients with heart failure from 11 Asian regions: A prospective cohort study using the ASIAN-HF registry Jasper Tromp,PLoS Med. 2018 Mar; 15(3)[PMID: 29584721] 最近Multimorbidity(マルモ)の論文ばかり読んでいますが,ブ…

ポリファーマシー患者の服薬関連体験:質的研究の系統的レビュー

Medication-related experiences of patients with polypharmacy: a systematic review of qualitative studies Christian Ulrich Eriksen BMJ Open . 2020 Sep 6;10(9):e036158. doi: 10.1136/bmjopen-2019-036158. PMID: 32895268 最近ブログ更新のペース…