南砺の病院家庭医が勉強記録を始めました。

富山県にある総合病院で働く病院家庭医です。勉強の記録を少しずつ書いていきます。

電子タバコ:よくある質問・回答

Electronic Cigarettes: Common
Questions and Answers

Am Fam Physician. 2019; 100(4):227-235

 

今回はAAFPの電子タバコについてまとめてあった論文の紹介です。

電子タバコは本当に有害なエビデンスがあるのか?

 

電子タバコはニコチンを含む液体溶液を加熱し、吸入エアロゾルまたは蒸気を生成します。ほとんどのユーザーは、元々煙草を吸っていた方です。電子タバコにすると有害物質の曝露の減少と、呼吸器症状の短期的な関連がありますが、長期的な影響は不明です。

 

最近のランダム化比較試験では、電子タバコは禁煙を促進する可能性があり、システマティックレビューでは、禁煙促進の可能性は低いといわれています。電子タバコは重金属、毒物、ニコチンの曝露など潜在的な健康上のリスクをもたらします。若者の電子タバコの使用は、その後のタバコとマリファナの使用のリスクの増加と関連しています。タバコ使用のスクリーニングと併せて、妊娠中の女性を含む若者や成人での電子タバコの使用についてスクリーニングを勧めます。電子タバコの使用を防ぐための教育と介入をすべての若者にするべきです。妊婦も使用を控えるようにカウンセリングされるべきです。

 

電子タバコ

米国の若者の間で2017年には、5人に1人高校生が前年に電子タバコを使用したと報告しました。USPSTFは妊婦を含む成人の電子タバコを推奨するには不十分です。 

 

f:id:MOura:20190825231222j:plain

電子タバコの99%にはニコチン、7,000以上のフレーバーとマリファナです。小売店やオンラインで購入できます。米国の若者の間では、電子タバコの使用は従来のたばこを2014年に上回りました。電子タバコブランドJuulは最新のPod mod(右から3番目)と呼ばれる電子タバコがあり交換可能なカートリッジで再充電可能です。電子タバコの俗語を表1に示します。

f:id:MOura:20190825231442p:plain

 

タバコから電子タバコに完全に切り替えることは非ニコチンへの暴露を減らすのでしょうか?継続的な電子タバコ使用の影響長期的な健康転帰(例、心血管病気、がん)は不明です。また電子タバコに完全に切り替えたユーザーはタバコ特有のバイオマーカーが2週間後64%削減しました。レトロスペクティブでは慢性閉塞性肺の患者48人で電子タバコ24人と従来のタバコ24人で電子タバコユーザーで、電子タバコはCOPD悪化の減少、COPDの改善健康状態を認めました。

かかりつけ医は妊娠中の女性のすべてのニコチン/タバコ製品の中止妊娠をおすすめします。妊娠中のタバコの使用は低出生体重、早産、突然の乳児死亡症候群と関連付けられています。

ニコチンは若者の脳の発達に有害な影響を与える可能性があり、電子タバコはタバコまたはマリファナのゲートウェイドラッグとして機能します。ニコチンはインパルス制御回路を低下させ、気分や依存症に関連する回路を変更し、そして、注意に専念する脳領域に影響を与えます。

電子タバコのバッテリーの欠陥も爆発する可能性があり、やけどの原因となります。

最近のメタ分析では、たばこを吸ったことがない十代の若者や若者よりも、電子タバコを使用したことがある人の方が喫煙開始の確率が3〜6倍多い。ある研究では、10代での電子タバコ使用とそれに続くマリファナの使用の関連も示されました。

コクランレビューはニコチンを含む電子タバコが禁煙はたは喫煙減少に役立つ場合があります。

 f:id:MOura:20190826000911p:plain

 

表2

電子タバコに関する追加情報のリソース

禁煙ポリシーとリソース禁煙ポリシー

Tobacco: Preventing and Treating Nicotine Dependence and Tobacco Use (Position Paper)

たばこ中止を求めて行動するプログラム、タバコとニコチン停止ツールキット

Ask and Act Tobacco Cessation Program -- Tobacco and Nicotine

Tobacco and Nicotine Cessation Toolkit -- Tobacco and Nicotine

電子タバコのポリシーとリソースAAFP電子タバコポリシー

Electronic Nicotine Delivery Systems (ENDS)

疾病対策センター予防電子タバコのリソース

Electronic Cigarettes

臨床医が推奨すべきか患者への電子タバコ煙?はいとそうでない声明

Should Clinicians Recommend E-cigarettes to Their Patients Who Smoke? Yes.


USPSTF推奨事項

以下を含む行動カウンセリングおよび/または禁煙製品を証明しました。ただし、USPSTFは禁煙を推奨するにはエビデンスが乏しいです。ですが若者はすべての電子タバコをやめるように助言されるべきです。もちろん電子タバコのリスク母親と胎児の健康のためのタバコはまだ知られていません。ニコチンはタバコの燃焼とは独立した催奇形物質です。10代の若者はニコチン中毒になる可能性があり、電子タバコへの間接曝露は、喘息のある若者の喘息発作を起こすこともあります。

 

まとめ

・電子タバコにすると有害物質の曝露の減少と、呼吸器症状の短期的な関連がありますが、長期的な影響は不明です。

・ランダム化試験では、電子タバコは禁煙を促進する可能性があり、システマティックレビューでは、禁煙促進の可能性は低いといわれている。

・電子タバコは重金属、毒物、ニコチンの曝露など潜在的な健康上のリスクをもたらします。

・若者の電子タバコの使用は、その後のタバコとマリファナの使用のリスクの増加と関連しています。

・タバコ使用のスクリーニングと併せて、妊娠中の女性を含む若者や成人での電子タバコの使用についてスクリーニングを勧めます。

・電子タバコの使用を防ぐための教育と介入をすべての若者にするべきです。妊婦も使用を控えるようにカウンセリングされるべきである。