南砺の病院家庭医が勉強記録を始めました。

富山県にある総合病院で働く病院家庭医です。勉強の記録を少しずつ書いていきます。

病院総合医研修に関するガイドライン (プロフェッショナルディベロップメント)

STFM Resource Library より

Hospital Medicine Curricular Guidelines or Track Recommendations for Family Medicine Residencies

SHM(Society of Hospital Medicine)とSTFM(Society of Teachers of Family Medicine)の合同タスクフォースで作成した家庭医療のレジデントのための病院でのトレーニングのガイドラインです。とりあえず、これをまるっと翻訳した方は国内にいないようなので(google調べ)紹介します。

これまでの記事はこちらです。(最後にくっつけます)

moura.hateblo.jp

 

moura.hateblo.jp

 

moura.hateblo.jp

今回は最終回です。

最後まで見てくださった方はどれぐらいいるのか疑問ですが、個人的には大変気になる内容です。レジデントが終了後のキャリアパスまで計画できるようなカリキュラムにしなければならないようです。ではいきます。

 

病院総合医研修に関するガイドライン

Ⅵ.プロフェッショナルディベロップメントについてです。

Professional Development 

  1. Finding a job 就職活動
  2. Finding a mentor メンターの発見
  3. Career networking キャリアのネットワーク化
  4. Useful meetings 有益な学会
  5. Further Training/Fellowship さらなるトレーニングとフェローシップ

についてまとめます。

 

Professional Developmentとは?

はじめに

家庭医のホスピタリスト研修に関するSHMとAAFPの共同声明で強調されているように、家庭医療のレジデントはプログラムが厳格で包括的であることにより、多くの卒業生が十分なホスピタリストの訓練を受け、高いレベルのケアを提供できる自信を得ることができます。家庭医療のトレーニングを受けたレジデントは、優れたホスピタリストのケアが提供できるようになり、ホスピタリストの技術や知識が何故重要なのかを理解し証明できています。ホスピタリスト研修を受けた家庭医の利点を説明できることにも役立ちます。修了生は個人的、組織的、学術的ニーズに合わせて調整できる体系化されたメンターシッププログラムから恩恵を受けています。メンターシップは評価やフィードバックの対象ではなく、理想的にはレジデントプログラムの他の機能からも完全に切り離されています。病院医療の準備をすることは外来診療のための準備とは異なるため、研修プログラムは入院患者の設定で住民を支援する能力を持つべきです。

このセクションでは、就職活動、メンターの発見、キャリアのネットワーク化、およびさらなる進歩に関する研修プログラムとレジデントの両方に関するガイダンスと推奨事項について取り上げます。関連する専門家会議や出版物のリストも含まれています。

Finding a jobとは?

f:id:MOura:20190712012652j:plain

 家庭医療プログラムの病院研修では、卒業後に病院で仕事ができるように下記のようにサポートすべきです。

  •  レジデントは履歴書curricula vitarum(CV)と推薦書(カバーレター)を書くトレーニングを提供する必要があります。契約交渉や医療過誤保険など。
  • レジデントはCVとカバーレターを書いた経験がある教員を1人以上決める必要があります。
  • プログラムでは業務管理や医療過誤保険の保証をすべきです。
  • 研修プログラムは情報に基づいた補償交渉をするためにMGMA(Medical Group Management Association)のデータをシェアすることができます。

f:id:MOura:20190712012705j:plain

家庭医療のレジデントが病院研修をするプログラムは病院でのキャリアのために専門的に準備されていて、それを支援するために、指導者を活用することが期待されています。

  • レジデントがCVを書いて定期的に更新して、維持することが不可欠です。彼らは学術雇用と非学術的で使用されるCVの種類やフォーマットの違いの理解を示す必要があります。
  • レジデントは病院での医療を実践するために、同僚や教員と病院医療についてディスカッションするべきです。
  • レジデントは入院や救急の目標に関連して追加選択科目のローテーションのための機会を提供すべきです。
  • レジデントは医師や病院の中で区別すべきです。例えば、病院のタイプや提供するサービス、患者集団、雇用や採用を担当するリーダーがいるか。雇用機会についての問い合わせなど。
  • レジデントは教育や求人のためのWebリソースを使用できる。
  • 自身の技術や知識を希望病院またはグループ診療に売り込むだけでなく、希望する仕事には継続性が必要であることを理解するべきです。特にレジデントはスキルを維持する必要があり、家庭医療訓練を受けたホスピタリストとしてではなく、内科+αとして雇うべき理由を提示する権限を与えられます。
  • レジデントはABFM/ABIMが提供する病院で集中的に研修するために準備をするよう推奨されます。
  • レジデントは病院総合医の入院患者において質の改善(QI)プロジェクトを実行するよう期待されるべきです。 

Finding a mentorとは?

f:id:MOura:20190712012722j:plain

家庭医療の病院研修プログラムでは彼らのための指導の機会を提供する必要があります。

  • 指導医が誰もいない場合は、メンターシッププログラムを検討すべきです。
  • 研修プログラムは病院医療を実践する医師を含めてメンターを確保する必要があります。
  • レジデントが容易に適切な指導者を識別できるように専門分野のリストがあるはずです。
  • トレーニングプログラムではプログラムの内外にメンターを持っているレジデントを奨励すべきです。
  • レジデントは必要によって複数のメンターを持つべきではなく、一人だけメンターを決める必要があります。
  • プログラムはレジデントの興味の変化や追加的なメンターが必要な場合、メンターを変更できるようにする必要があります。

f:id:MOura:20190712012755j:plain病院家庭医のトレーニングのトレーニングプログラムのレジデントは病院総合医のメンターを用意するべきです。

  • メンターを考慮すると、レジデントは研修プログラム内で研修の一部またはすべてを教えてもらう病院総合医のメンターを探す必要があります。これが不可能な場合hあ、レジデントは研修プログラムの一部ではない病院のメンターを見つける必要があります。
  • レジデントは教育に関心があり、親しみがあり、提唱者となるメンターを探すべきです。
  • レジデントがメンターになることを依頼する場合、期待するものを明確にする必要があります。例えば助言を与えたり、卒業後の仕事を助けたり、レジデントが欲するものを提示したり、少なくとも年2回、定期的にメンターと会う事が必要です。

Career networkingとは?

f:id:MOura:20190712012808j:plainレジデントには研修病院の分野内のネットワークと専門能力開発の機会を与えるべきです。これらの機会は国単位のホスピタリストのミーティングだけでなく、地域や地方の病院への参加も含まれる必要があります。

  • プログラムはレジデントの参加を主張するべきです。地域、州、国家のミーティングでの出席を許可すべきです。研修病院や診療所も推奨すべきです。
病院研修プログラムの家庭医レジデントは病院、地域や国レベルでのリーダーシップ開発を発揮することが期待されます。病院総合医は地域社会と院内の品質の変化のリーダーのように定義されるようになったため、病院の医療のキャリアに興味をもって育成するため努力する必要があります。
  • 部分的には、レジデントは病院総合医の関係を発達すべきで、奨学金や顧問を求めるべきです。レジデントは職場で病院総合医を知ってもらう必要があります。また、奨学金活動や研究、病院診療、QIを行うべきです。委員会の中でも役に立ちます。
  • 地域的には関連する専門学会に参加する事を期待されています。地元のSHMやAAFPも含みます。
  • 全国的にはHMX(SHMのためのオンラインフォーム)とAAFPメンターインタレストグループ(MIG)などのオンラインコミュニティーに参加すべきです。同時に国内のミーティングにも参加すべきです、2年目の出席は特に求められます

Useful meetingsとは?

f:id:MOura:20190712012832j:plain

SHMの年次総会

  • 春、通常は4月開催
  • 初期キャリアのアドバイスを相談する年次の枠組み
  • 地方のSHMのミーティングを探します。

PHM

  • 7月に開催
  • 小児科または乳幼児のケアを提供するため小児ホスピタリストに焦点をあてたもの
  • 仲間との初期キャリアの病院総合医を目的としたワークショップ

ACP内科ミーティング

  • 4月に開催
  • 30件以上の専門病院
  • キャリア、プロフェッショナリズムのトピック

AAFPのFMX(Family medicine meeting)

  • 9月か10月に開催
  • 病院総合診療のトピックや特別な議論を含めます。
  • 病院医学インタレストグループの年次総会と同様にMIG活動があります。

地域の病院のミーティング(様々なスポンサー)

  • Midwest Hospital Medicine Conference (10月) midwesthospitalmedicine.com
  • Southern Hospital Medicine Conference (10月): southernhospitalmedicine.org
  • Rocky Mountain Hospital Medicine Symposium (10月/11月): thececonsultants.com/hospitalmedicine.html
  • Mid-Atlantic Hospital Medicine Symposium (10月): icahn.mssm.edu/education/cme/courses
  • Management of the Hospitalized Patient (カリフォルニア州、サンフランシス大学, 8-10月): ucsfcme.com

Further Training/Fellowship について

卒業生の多くは病院で仕事をするが、終了後にフェローシップを受けられます。多様であり、リーダーシップ研修や品質向上の研修、教員の開発などがあります。

Is a hospital medicine fellowship right for you?

ACP Hospitalist; Hospitalist fellowships offer clinical, research, or leadership training

 Journal of Hospital Medicine

Today's Hospitalist

The Hospitalist

 

ようやく全訳終了しました。

次回はこれら全4回分を手直ししてくっつけて、病院総合医研修に関するガイドライン日本語版として公開します。最後まで見てくださってありがとうございました。